Event is FINISHED

【京都:5/16(木)開催】“多様な人々が生きやすい社会づくり”とソーシャル・イノベーション ~女性義足ユーザーコミュニティ『ハイヒール・フラミンゴ』の活動から考える~

Description
「第2回 日本女性学習財団 未来大賞」を受賞した女性義足ユーザーコミュニティ『ハイヒール・フラミンゴ』。

「自分らしく自由に生きること、前に進むことをあきらめたくない」
「不安や孤独を感じている女性たちの道しるべになりたい」

そんな思いをもった女性たちがつながって、2018年6月に『ハイヒール・フラミンゴ』は始動しました。

今回の講座では、『ハイヒール・フラミンゴ』の立ち上げにかかわった4名のメンバーと、社会起業論や公共経営学を専門として同志社大学で研究を進める服部篤子さんのトークセッション、また会場の皆さんとのグループシェアから、“多様な人々が生きやすい社会づくり”に向けて考え合います。

★こんな方におすすめです
女性義足ユーザーコミュニティ『ハイヒール・フラミンゴ』の活動に関心のある方
社会起業に関心のある方
多様な人々が生きやすい社会づくりに向けて何かしたいと思っている方
女性のキャリア支援に携わる方
テーマに関心のある方など

☆主催者からのおススメポイント
「日本女性学習財団 未来大賞」は、出発・再出発をテーマに、男女共同参画社会・多様な人々が生きやすい社会の実現に向けて、次への一歩を踏みだしたい、踏み出した方たちのレポートを(公財)日本女性学習財団が募集し表彰しています。第2回未来大賞受賞者の女性義足ユーザーコミュニティ『ハイヒール・フラミンゴ』のレポートを読んだ皆さまからは、「感動した」「日々の気づきを丁寧にすくいあげて活動につなげており、前向きになれた」などの感想をいただいております。
当日は、受賞レポート全文が掲載された月刊『We learn』2019年3月号を資料として配付致します。

<概要>
▼日時
2019/05/16(木)18:30~20:30(18:00~受付開始)

▼講師
服部篤子さん(同志社大学教授)
専門は、社会起業論、非営利組織論、公共経営学。主な編著に、『ソーシャル・イノベーション:営利と非営利を超えて』(日本経済評論社,2010)、『未来をつくる企業内イノベーターたち』(近代セールス社,2012)、共著に『ソーシャル・キャピタルと経済』(ミネルヴァ書房,2018)など。ソーシャル・イノベーションの概念のもと、人財育成に注力している。

▼トークセッション登壇者
女性義足ユーザーコミュニティ『ハイヒール・フラミンゴ』:青木千佳さん、髙木庸子さん、野間麻子さん、松井由起子さん
義足でもおしゃれをあきらめない女性の象徴「ハイヒール」に、片足で凛と立つフラミンゴのイメージを重ね、2018年6月に発足。同年秋には、京都市観光協会の協力の下、着物でランチやお茶会、紅葉の寺院散策を楽しむ会を開催し、京都新聞や毎日新聞で紹介された。女性たちが自分らしくいられる未来のため、活動の輪を広げている。

▼資料代
〇一般:1,500円  
〇(公財)日本女性学習財団 キャリア支援デザイナー:1,000円
〇大学学部生・高校生:無料

▼キャンセルポリシー
主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。

▼定員
50名(先着順)

▼会場
同志社大学烏丸キャンパス 志高館1階 S101(京都市上京区烏丸通上立売上る相国寺門前町647-20)

▼主催
公益財団法人日本女性学習財団

▼協力
同志社大学総合政策科学研究科服部研究室
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#431804 2019-05-07 01:55:34
More updates
Thu May 16, 2019
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
資料代(一般) SOLD OUT ¥1,500
資料代((公財)日本女性学習財団 キャリア支援デザイナー) SOLD OUT ¥1,000
資料代(大学学部生、高校生) FULL
Venue Address
京都市上京区相国寺門前町647−20 上立売上る, 烏丸通 Japan
Organizer
公益財団法人 日本女性学習財団
26 Followers